中国語の声調

中国語の声調は、普通话で4声あります。 このホームページに詳しく記載されているので、ご興味のある方はご参照下さい。 中国語学習の際には、よく"中国語には日本語には無い声調がある。"という説明があります。 これは正しい気もしますが、間違っている気もします。 というのは、私は中国人の同僚とコンビで仕事をしており、彼には日本語を教えており、彼からは中国語を教わっています。 日本語を教える際に、意外と気になるのが日本語の声調です。 例えば、箸と橋です。 両方、"はし"ですが、日本人が発音する際にはアクセントがあると思います。 橋の場合は、はを低く発音しますが、箸の場合は、はを高く発音すると思います。 吸収と九州、雨と飴など例えを挙げればキリがありませんが、日本語の場合辞書にアクセントについてあまり記載が無いため、結構不便です。 自分の使っている電子辞書には、NHK日本語発音アクセント辞典という辞書が内蔵されており、こちらにはアクセントが記載されています。日本語学習者はこういったものを参考にしているそうです。 逆に中国語の場合、辞書にはっきり四声が書いているため、ある意味楽ですね。

続きを読む

半年経過して

随分とご無沙汰してしまいました。 何とか生きています。 上海は鹿児島と同じくらいの緯度ですが、日本と違い中国は海に囲まれているわけではないので、比較的気温は寒いです。 上海は大体東京と同じくらいの気温と言われています。 ですが建物の作りが安っぽいため、隙間風が多いので日本より寒く感じます。 最近は空気がだんだん悪くなって来ています、、 今後は週二回は更新するぞ!

続きを読む