中国語の声調

中国語の声調は、普通话で4声あります。

このホームページに詳しく記載されているので、ご興味のある方はご参照下さい。

中国語学習の際には、よく"中国語には日本語には無い声調がある。"という説明があります。
これは正しい気もしますが、間違っている気もします。

というのは、私は中国人の同僚とコンビで仕事をしており、彼には日本語を教えており、彼からは中国語を教わっています。
日本語を教える際に、意外と気になるのが日本語の声調です。

例えば、箸と橋です。
両方、"はし"ですが、日本人が発音する際にはアクセントがあると思います。
橋の場合は、はを低く発音しますが、箸の場合は、はを高く発音すると思います。

吸収と九州、雨と飴など例えを挙げればキリがありませんが、日本語の場合辞書にアクセントについてあまり記載が無いため、結構不便です。

自分の使っている電子辞書には、NHK日本語発音アクセント辞典という辞書が内蔵されており、こちらにはアクセントが記載されています。日本語学習者はこういったものを参考にしているそうです。



逆に中国語の場合、辞書にはっきり四声が書いているため、ある意味楽ですね。


この記事へのコメント