ちょっと不安な事

中国に来てから、日本で変化があった事でちょっと不安な事があります。

それは、

マイナンバーです。

日本に住んでいらっしゃる方は、あまりなんとも思っていないかもしれませんが、我々のような駐在員は少なからず不安な部分があるのではないでしょうか?

本来は、海外赴任が決まると、住民票を抜き日本から見ると非居住者になるので、非居住者では登録、継続できないサービスは全て解約するべきなのでしょうが、実際にやっている人はほぼ居ないと思います。

一番多いと思われるのが、銀行口座です。
大手の銀行では、非居住者用のサービスがあったりします。例として東京三菱UFJ銀行のサービスを貼り付けておきます。
ネット系の銀行ではほぼ無いですね。自分は給料の受取以外はネット銀行がメインだったので、今後困りそうです。

(自分の会社だけかもしれませんが、、)異動が決まってから赴任までの日程が短く、そこまで考えが至らない事や、単に面倒臭いという事もあり、実際にこんな事をやっている人はかなり少ないです。

あと証券会社などについても同様です。
自分も少し保有銘柄やを残したまま出国してしまったのですが、多分来年までにマイナンバー番号を通知しないと口座凍結です。(保有銘柄は売却すれば良いのですが、長期の社債もあって困っています、、、)

上記は主にお金に関してですが、健康面でも一時帰国した際の保険などについても、いまいちちゃんとした答えが今のところ無いため、自分としては不安です。(まぁこれも結局お金ですが、、、)

なんか見切り発射の様に始まった様に見えるマイナンバー制度ですが、我々のような立場の人間を日本政府はどの様に考えているのでしょうか?

まぁ本来ちゃんと手続きしなければいけないものをしていない私が悪いんでしょうが、、、

この記事へのコメント