最近の上海のレストランの注文方法

最近Yahooニュースなどでも、中国の電子決済やレンタル自転車のサービスについて、掲載される事が多くなりましたね。

中国では電子決済やスマートフォンを活用したサービスが日本よりも進んでおり、最近の上海のレストランでは自分のスマートフォンを使って注文するお店が増えてきています。

どういう事かというと、まず下記の様なQRコードをスキャンします。
(席の番号によって違うQRコードがあります。)
BYOD①.jpg

すると注文を選ぶ画面となります。
BYOD②.jpg
BYOD③.jpg

テーブルに複数の人間がいても、個別に発注が出来ます。

BYOD④.jpg

発注間違いも減り、利用する側としては、かなり便利です。

日本だとお店ごとにタッチパネルなどを用意しますが、こういう方法だとお店の初期投資も減らす事が出来ますね。

BYOD(Bring your own device)という考え方がありますが、中国はそれを体現しているサービスが多いですね。

この記事へのコメント