これからの投資の方向性

前回の続きですが、現在の立場でネックとなりそうなのは、マイナンバーの存在です。

以前も少し書きましたが、日本の銀行口座や証券口座に2018年12月までにマイナンバーを申告しないと使えなくなるのです。

真面目に言うと海外赴任となる際に銀行口座も証券口座も非居住者となる申請をしないといけないのですが、恐らくほとんどの人はやっておりません。

しかし上記の通り2018年12月までに申告しないと、恐らく新規売買は停止となります。

現在考えている事は、下記2点です。
①一時帰国中に住民票を入れ、マイナンバーを取得し、その後再度住民票を抜く。
②非課税(オフショア)の国で銀行口座、証券口座の開設。

①は年をまたがなければ住民税は発生しないため、国慶節を利用して行うつもりです。
②はやはり香港が筆頭にあがりますが、HSBCの口座開設も厳格になっているようで、私も開設出来るかわかりませんが、今度チャンスが有れば、開設してみようと思います。
ネットで調べると過去には通訳付でも良かったそうですが、現在は無理だそうです。
現在の私からすると英語より中国語の方が楽なので、中国語で対応可能であればとは思っています。ただ40歳過ぎの香港人の普通語はあまり上手くないようなので、その場合は英語の方が良いかも、、、、

この記事へのコメント