中国で投資する方法を模索中

またブログ記事更新に一年も間が空いてしまいました、、、 以前も少し書きましたが、日本の非居住者は日本の証券会社で(公式に)取引が出来ません。 (私からすると、特定口座であれば日本に税金が落ちるので良いと思うのですが、、、、) 中国で投資する方法として、香港でHSBC銀行などで口座開設して取引する方法もあるようですが、HSBC銀行は取引手数料自体はあまりお得では無さそうなため、現在Firstrade証券での取引を検討しています。 というか口座自体は開設しました。が、まだ書類等は提出していないため、正式には開設されていないのかな? しかしFirstrade証券で取引するには、入金にハードルがある事が分かりました。 色々調べてみると、ユニオンバンク(東京三菱UFJ銀行の関連銀行)という米国銀行に口座開設し、Transferwiseという送金サービスで日本の銀行口座からユニオンバンクに送金し、ユニオンバンクからFirstrade証券に入金するのが、一番手数料が安そうです。 しかし、毎度ながらこれが中国在住で日本非居住者で出来るのか、、、、、 まだまだ調べる事は多そうです。。。 特にユニオンバンクの口座開設がどうなのか、、、 中国在住で開設しやすい米国銀行があれば、誰か教えて頂けないでしょうか?

続きを読む

またまたご無沙汰です。

どうも気を抜くとすぐに書かなくなってしまってダメですね、、、 これからまた再開出来ればと思っています。 前回のブログが4月でしたが、その後新しいジムにしたのですが、その後色々揉めたりしました。 また別途記事にしようと思います。

続きを読む

外国で働くという事

今自分は、日本の会社から中国の関連会社に出向している、という状態です。 当然色々生活面でもストレスはありますが、仕事面は日本よりとてもやりづらい事があります。 言葉の問題などもあり、満足に活動出来ない事は、しょうがないのですが、正直現地の中国人との関係というよりは、日本人同士の人間関係が一番面倒臭いです。 日本であれば、ある意味退職しようとすれば、簡単に退職&転職も出来ますが、外国にいるとそうも行きません。 日本に帰るまで、今の会社にお世話にならなくてはならず、当然転職活動も出来ません。(中国で転職するなら別ですが。) その為、本来思い切って上に楯突いてでもやらなければならない事などが、その後の気まずさからか、どうもなあなあになっている様な気がします。 また、これは日本の会社の殆どがあてはまると思いますが、上司=仕事が出来る人、ではないため、面倒臭いです。 ベンチャー企業などは実力主義かもしれませんが、私の務めている会社は基本的に年功序列のため、あまり仕事が出来なくても、自動的にある程度までは出世します。 言葉が全てではありませんが、5年住んでいても全くと言っていいほど中国語が出来ない人は、一人や二人ではありません。 そういった人たちに無駄に気を使うエネルギーを、もっと前向きな仕事に費やしたいなぁと思う今日このごろです。 まぁまずは普通語をマスターしないと!

続きを読む