ケトン体質終了、、

春節は日本には帰らずに、上海に居ました。 正直日本に帰っても平日だし、他の日本人と違ってあまり日本が恋しいという事も無いし、家族持ちでも無く、そこまで日本に帰りたいと思っていないので、、、 日本に帰るとどうしても食べ過ぎてしまいますが(主にラーメン)、せっかく上海にいるので、普段できないプチ糖質制限をしておりました。 自分で鶏鍋を作ったり、外食の場合はサイゼリヤ、近所の定食屋などで食べて、極力炭水化物を取らない様にしておりました。 以前帰国した際に持ってきたケトスティックスを使用し、ケトン体質になっているか見てみると、無事?ケトン体質になっておりました。 ハサミで半分に切って使っておりますので、ちょっと細いです。 倍使えるのでお得です(←せこい、、) せっかくケトン体質になりましたが、明日から出勤のため、会社付近で昼飯食べたらすぐにケトン体質が終了してしまいそうでもったいないです、、、、 というかそもそも会社付近の店はまだやっていないような気が、、、

続きを読む

現在の体脂肪率など

最近は、色々ネットやYoutubeなどで情報を仕入れて、少しずつ体を鍛えています。 ダイエットというよりは、筋トレして腹筋を割ることが目的なのですが、体重はいいのですが、体脂肪率の数値があまり安定しません。 計る時間帯や、体の状況(シャワー後など)により結構ばらつきがあり、±1.5%位は誤差なのかな~?と思っています。 前回も書いたとおり、基本的には糖質制限の考え方なのですが、色々調べるほどに 糖質制限とカタボリックは相反する事にならないのか?とか、 糖質制限してインスリンがあまり出なくても、ちゃんとタンパク質を吸収できるのか?など 色々疑問が湧いてきます。 また、中国人にも朝食はとても大事、とよく言われますが、日本やアメリカだけでなく中国人の同僚に確認した所、中国も昔は1日3食食べる習慣はなかったそうです。 この文化は、エジソンが自分が発明したトースターを売りたいから、朝食は重要というキャッチコピーから始まったようです。いやぁアメリカ恐ろしい、、、 実際は朝食は必須のものでは無いそうですね。ただ筋トレしていると、朝はカタボリックの状態になるため、タンパク質は取ったほうが良いそうです。 自分は、SAVASのアクアプロテインを飲んでいます。スポーツドリンクのような感じでとても飲みやすいです。 中々体脂肪は減りませんが、下記が昨日の計った体脂肪率、体重などです。(ちょっとチャンピョンデータに近いですが、、、)

続きを読む

腹筋割りたいなぁ♪

上海に来る前の日本での仕事は、ストレスが多く、結構やけ食いをしていたりもして、結構太っていました、、、、 ちょうど上海に来た時には体重が67キロ~68キロくらいありました。(身長は168cmです。) 当時ちゃんと体重や体脂肪率を測っていたわけではないので、正確な数字は分かりませんが、、 中国に来てからは、健康に気を付ける様になり、比較的ストレス食いは無くなったのですが、結構会食が多く中々絞れておりません。 腹筋を割りたいとずっと思っているのですが、記録に残さないと中々結果が出なそうなので、このブログで途中経過を書いていこうと思います。 一応ジムには通っており、最近は(と言ってもここ2週間位)マジメに筋トレ+有酸素運動をしています。 (しかしこのジムは汚い、、、ココらへんはまたおいおい) 下は本日測った体重、体脂肪率、骨格筋率、体年齢です。 体重は61.6kg、体脂肪率18.8%、骨格筋率38.9%、体年齢27歳でした。 体重はどうでもいいのですが、まずは体脂肪率が15%を切るように頑張ります。 ちなみに使用している体重計はオムロンのHBF-214です。ガラス仕様でかっこいいのですが、写真を取ると部屋の様子が映るのがちょっと、、、、 基本的に糖質制限ダイエットの考え方でやっていこうと思います。

続きを読む

もっと見る